「中国切手の買取相場と種類一覧」の記事一覧

中国切手のすすめ

中国切手は中国で発行された切手のことを指し、近年の中国経済の成長と共にその価値を高めています。

特に1949年以降に発行された切手の価値が特に高いと言われており、1980年に発行された赤猿切手は状態の良いもので100,000円の価値がつけられることもあるのです。

切手買取の目玉とも言える中国切手の売り方のコツを紹介していきます。

なぜ中国切手の価値は高い?

中国切手は一般的な切手よりも高値で取引されることが多く、バラの中国切手でも数千円から数万円の値がつくことがあります。

中国切手の価値が高いことの一つに、中国切手が投資の対象として注目されていた背景があります。

1978年の改革開放により中国経済は加速し、家計の貯蓄率も増加しました。次第に懐が潤沢になったことから投資がブームとして加熱し、切手も多く買われるようになりました。

中国経済は順調に成長をし、中国切手の価値も年々上昇していき、その価値は2000年から2010年の間に倍に膨れ上がったとも言われています。

近年は中国経済の成長の鈍化から価値は横ばいですが、今後の中国経済の動向次第では中国切手の価値もさらに上昇していく可能性があります。

買取のコツ中国切手が高額買取になる理由とは。プレミア価格の可能性も!?

 中国切手の価値を手軽に知る方法を紹介!


切手の価値は変動しており、ネットで手に入る買取価格と若干異なることもあります。

特に中国切手などは外部の情勢によって変動しやすく、保存状態によっても価値も大きく変わるため、自分で価値を見積もるのは難しい作業です。

とはいえ、査定前に買取額をある程度見積もることは、業者とのミスマッチを防ぐためにも重要です。

現在はメール査定の他にLINE査定などを行っている業者もあり、手軽に査定額の見積もりを出すことが出来ます。

方法は簡単で、業者のLINEアカウントに切手の写真を送るだけです。

写真での判別のためおおよそになってはしまいますが、業者を選ぶ際の参考にもなるのでぜひ利用してみてください。

LINE査定の方法を徹底解説!

価値が高い中国切手一覧

高額買取が期待できる主要な中国切手を一覧で紹介します。

赤猿(子ザル)

赤猿切手 相場価格 バラで10~20万円
額面 8元
発行年度 1980年

1980年に発行された赤猿切手は中国切手の代名詞とも言える切手です。中国初の年賀切手として発行されました。状態の良いものは金色の塗装が特徴的で、数十万円の価値で取引がされます。赤猿切手の詳しい内容はこちらの記事を参考にしてください。

オオパンダ

相場価格 15000円程度
発行年度 1963年・1973年

少年たちよ子供の時から科学を愛そう

相場価格 10~20万円
発行年度 1979年

1979年に発行された「少年たちよ子供の時から科学を愛そう」は、発行枚数が10万部と極端に少なく、流通しているものが少ない希少性の高い中国切手です。種類がいくつかありますが、二元のシートは特に価値が高く20万円前後で取引がされています。

中国切手が高額買取になる理由とは。プレミア価格の可能性も!?

中国切手の買取相場と種類一覧

中国切手はその名の通り中国で流通している切手なのですが、実は希少性が高く買取に出すと高値になる可能性がとても高い切手なのです。この記事では、なぜ中国切手は高額買取されるのか、そして中国切手の中でも特にプレミア価値の高い中 […]

ページの先頭へ