竜切手と呼ばれる切手をご存知でしょうか。

竜文切手と竜銭切手を指す言葉です。竜文切手は、日本初の切手であり、切手買取においても高値が付く切手として知られています。

今回はそんな竜切手に関してご紹介します。買取の際のご参考にしてください。

竜切手とは?

竜切手
竜切手とは、その名の通り竜が描かれた切手です。竜文切手と竜銭切手があります。日本初の切手として発行されたのが竜文切手です。郵便制度は明治維新の一環として整備され、それと共に切手の発行がなされました。切手の発行に際し当初は松竹梅が図案に挙げられていましたが、偽装されやすいという理由で竜の図案が採用されました。

竜文切手

1871年に発行され、日本で最初に発行された切手として知られています。当初の切手は、和紙に手刷りの方法で模様がつけられたものでした。印刷技術が発展していなかったためです。手刷りですので不揃いで、現代の切手のように均一の切手ではありませんでした。また、手刷りで手間がかかるのにも関わらず、2色刷りの構成となっています。

サイズは19.5㎜の正方形でこれより小さいサイズの切手は日本には存在しません。現在の切手には裏面に糊がついていますが、竜文切手には糊はついておらず、国名表記もされていませんでした。また、目打ちと呼ばれる切り取りやすいように連続した穴の加工もされていなかったので、現在思い浮かべる切手とは違ったものと考えてよいでしょう。

額面は、4種類あり48文・100文・200文・500文となっています。通貨改革以前の発行でしたので、江戸時代から引き続き「文」という単位が使われています。

竜銭切手とは?

竜銭切手とは、1872年に発行された切手です。この切手は、前年に新貨条例により「圓(園)」が導入されたため、それまでの「文」に代わる「銭」が使用されています。日本初の目打付切手で、後期なると裏面に糊もつけられるようになりました。日本最古の切手である竜文切手に続く切手として発行されたので、日本で2番に発行された切手であるといえます。しかし、発行が追い付かず竜文切手の第二版を使用し、額面のみを変えた切手を発行しました。

額面は、半銭・1銭・2銭・5銭の計4種類が発行されています。竜銭切手が発行されたあとにすぐに桜切手が発行されたため希少価値が高く切手買取において高値で買取されています。

気になる買取価格は?

竜文切手


竜文切手は額面により、買取価格が異なることはもちろんのこと、切手の余白のバランスも買取価格に影響します。技術が発達していない時代の切手ですので一枚一枚の余白が異なる点は面白いですね。以下の表に買取価格の参考をご紹介します。

48文,100文 20,000円
200文 30,000円
500文 40,000円

 

 

竜銭切手


竜銭切手は、希少価値が高いため高値で買取されます。額面により異なりますので以下を参考にしてください。なお、買取価格はそれぞれの切手の状態によっても変わりますのでご注意下さい。

 

半銭 12,000円
1銭 45,000円
2銭 65,000円
8銭 80,000円

 

 

エラー切手

竜文切手の中に上下が逆さに印刷されたものがあります。この切手には3500万円の値がついています。エラー切手は高値で買取されますが、竜切手のエラー切手ですと桁違いの買取価となります。

偽物に注意!

竜切手には偽物があります。見分けが難しいですが見分けのポイントをいくつかご紹介します。偽物の例として、線が荒く繊細さがないことが挙げられます。竜切手の特徴としまして、模様が細かく繊細という点がありますのでその点は見分けるポイントとなります。また、小さく「参考」などと書かれている場合があります。偽物であると堂々と表記すれば違法にはなりませんので偽物切手にはしばしば用いられる方法です。

使用済みのものは?


使用済み切手は切手買取において、値が付く場合と値が付かないという場合がありますが、竜切手の場合は基本的に値がつくと考えてよいでしょう。消印の押される位置によって価値が高まる場合もあります。消印が切手のど真ん中に押された場合は「満月印」とよばれ価値が上がります。自分の手もとにある切手がどうなのか判別がつかない場合は、査定に出すことをオススメします。

まとめ

郵便局
いかがでしたか。ここまで、竜切手に関してご紹介してきました。竜切手は、非常に価値が高いものですので見つけた際には査定に出すことをオススメします。竜切手が納得のいく価格で買取してもらえる良いです。